切手買取ガイド|切手の高価買取店の口コミを集めました

琉球のプレミア切手一例

切手買取ガイド

高価買取!琉球のプレミア切手

高価買取が見込める人気の琉球切手を紹介!沖縄切手とも言われる琉球切手は種類こそ少ないですが、高価買取が期待される人気の切手です。

人気のプレミア切手~琉球切手編~

高価買取が期待できる琉球切手一例

琉球のプレミア切手 琉球のプレミア切手
琉球政府創立記念 速達切手シート
第1次普通切手 1円初版「農夫」 第2次普通切手 6種
不発行切手・西表政府立公園 はと航空 8円
はと航空 12円 ドル表示数字切手 10種
凹版天女航空 5種 改訂加刷100円
文化財・建造物シリーズ(1952-53年発行) 8種 琉球大学開校
植林(蔡温)  

琉球のプレミア切手の特徴

琉球切手は沖縄切手とも呼ばれ、第二次世界大戦後、1945年のアメリカ軍占領から1972年の本土復帰までの間に沖縄県内で流通された切手のことを指します。

終戦直後~1948年までに使われていた切手は、切手の印刷に時間がかかり、また一般人が所有する切手と区別する意味もあり、戦前の切手の在庫に私印・検印を押したものが使われていました。

この押印のある切手は、4年間沖縄でしか使われていないため、絵柄の種類は多いものの現存する数は非常に少なく、高く買取ってもらえる可能性があります。

不発行となった記念切手は買取価格が高い

1948年に切手が発行されてからも、日米の狭間で発行されていることから不発行となった記念切手が3種類存在し、その中でも1971年に発行された「西表政府立公園」は高価買取が期待できる切手です。

この切手は、郵便切手として発行されましたが、途中で流通ドルの確認作業用証紙として転用されたため、不発行切手の中で唯一使用済みが存在し、また処分時に横流れ品が流通したため、今でも高値で買取されている逸品です。

外国切手扱いになる琉球切手に要注意

尚、後期に発行された琉球切手は、アメリカドルの表記がされていることから、切手買取では外国切手として扱われることもあります。

欧米の外国切手は、切手買取業界の中ではあまり高く評価されないこともあり、琉球切手の中でもプレミアがつく切手は一部となっています。

切手の買取を希望する方へ